悪悪探偵が逮捕された

長野県警安曇野署は2006年12月7日
架空の手数料名目で350万円を騙し取った
宮下E容疑者(57)を逮捕した。
 
同容疑者は、嘘の経歴を届け出たとして
詐欺と探偵業法違反の容疑での逮捕である。

同容疑者は2006年11月・12月頃に
調査依頼に来た60歳代の女性に対し
不動産の名義変更を名目に
手数料約350万円を騙し取った疑い。

また、今年2007年6月に施行された探偵業の届け出の際
虚偽の学歴を記載していた。

同署によると
探偵業法の届け出での虚偽記載による逮捕は初めてとのこと。

同容疑者は、卒業していない都内の有名私大や
勤務実績の無い有名商社を記載していた。

被害者救済、立件のために探偵業法を利用した
別件逮捕とも言えるが、業法違反のほかに詐欺罪も立件される。

探偵業法が施行されてから、同様の逮捕者が出ており
悪徳、悪質な探偵は少しずつではあるが、排除され始めている。

まじめに業務を行っている探偵業者や消費者にとっては
このような悪徳探偵が排除されることは、良い傾向と言える。

今後、探偵業法が施行されたことによって
調査業者の動向に影響を与える事件となった。
 
ランキングに応援お願いします^^v

にほんブログ村

探偵・調査 ブログランキングへ
 タグ