DNA親子鑑定が不一致
ある母親がDNA親子鑑定で、主人の子供ではないことが判明した時の行動とは・・・・・
自分が産んだ子供が、もしかしたら主人の子供ではなくて他の男の子供かもしれないと思って、DNA鑑定をする例がある。

結婚して間もなく妊娠したが、もしかしたら旦那の子供ではなく同時並行して付き合っていた男の子供ではないかという不安からDNA親子鑑定をするわけだ。

アマゾンで検査キットが売られているから手軽にできる。



検査の結果、主人の子供だと判明すればそれでひとまず安心する。


ところが、鑑定の結果が不一致と出た場合には、奥さんは悩む。

このまま、ご主人の子供として大きな隠し事をしながら生活を送るのか・・・

それとも、いざ結婚はしてみたけれど結婚前と結婚後の旦那のギャップが激しすぎるから離婚しようかなと。


他の男の子供を妊娠して出産している奥さん。

離婚決断した奥さんは、自分が不利にならないように旦那の浮気調査をしたり、普段の生活で離婚の理由になる事がないかを探し始める。

探偵や弁護士などは、このような事情のある人たちからの仕事を受けるのが当たり前の世界です。

DNA鑑定が100%信頼できるかどうかについては書籍でも話題に・・・

DNA鑑定は万能か その可能性と限界に迫る (Dojin選書) [ 赤根敦 ]



ランキングに応援お願いします^^v

にほんブログ村

探偵・調査 ブログランキングへ
 カテゴリ
 タグ