GPSアプリで浮気調査するときの注意点

特別なGPS機器を用意しなくても、スマホがあればアプリを使って追跡調査が可能。
注意しなければいけないのは法的な問題。
他人のスマホに勝手にGPS追跡ができるアプリをダウンロードして、浮気行為などの追跡調査をした場合に、相手方から訴えられると「不正指令電磁的記録共用罪」などに問われる可能性がある。

本来、スマホ用のGPS追跡アプリは、スマホを紛失した時にその位置を確認するためのものだから、その機能はとても豊富で便利なもの。

現在の位置確認のほかに、端末の初期化、スマホのロック、通話記録の取得、音声の録音、写真や動画の撮影だってできてしまう。

代表的で人気のあるGPSアプリは、Cerberus(ケルベロス)、Air Droid(エアードロイド)、Prey(プレイ)などだ。

ほとんどは、Androidだけに対応してるけど、Prey(プレイ)は、iPhoneにも対応している。

機能の違いはあるけど、iPhone対応のアプリはほかにもある。

浮気を疑った場合にこれを使いたくなるのは、アプリをインストールしてアカウント登録するだけで簡単に使えてしまうから。

アプリをインストールしてもアイコン表示を非表示にすることで、スマホの持ち主にも気づかれにくいということも利用者が増えている要因。

犯罪にならない範囲で、使って見る価値はありますね。

ランキングに応援お願いします^^v

にほんブログ村

探偵・調査 ブログランキングへ
 カテゴリ
 タグ