個人情報の漏えい流出は防げない
個人情報は氏名、住所、生年月日、電話番号
更には預金や借金、病歴など・・・

個人情報がどこかにあれば
その情報が外に流出することは簡単に起こってしまうもの。

つまり、個人情報の漏えいは防げないということです。


今回のベネッセの個人情報漏えい事件。

いつぞやの探偵が絡んだ通信業者の個人情報売買。

役所の職員が絡んだ事件。

そのほかにもたくさんあります。



探偵業をやっていると
どこからともなく個人情報を売りにくる
業者みたいな、怪しい人? が接近してきます。

業界内で信用がある業者以外に
本当に怪しい営業から連絡が来ることも。


個人情報と言っても
メールアドレスだけとかFAX番号だけとかの
ショボイものから、個人の秘密部分を網羅した名簿まで
様々なものがあります。


メアドはソフトを使えば誰でも収集できるし
FAX番号だってFAX電話帳で事足ります。

こんなのは、どこにでもあるので価値が無いのですが
属性が絞られた個人情報はとても価値のあるものです。


たとえば産科。

ある夫婦に赤ちゃんが生まれたとします。

ここでは親の住所、生年月日、子供の性別
名前が決まっている場合は子供の名前
子供の生年月日、血液型などの情報が保存されます。

たとえばここで
お誕生おめでとう粉ミルクを
産科が赤ちゃんにプレゼントします。

ミルクのプレゼントをしたミルク会社は
その夫婦や赤ちゃんの個人情報を入手します。

(あくまで、可能性がある例です。でも具体的でしょ!)


こどもが赤ちゃんのうちは
お参りする神社や離乳食などのDMが届きます。

子供が小学校に入学する頃には
ランドセルや、塾、スクールなどのDMが届きます。

それが中学、高校、大学、社会人
そして60歳を過ぎたころに老人ホームやお墓の案内が・・・


笑えるけど笑えない!


一度流出した個人情報は取り戻せません.


はっきり言います。

流出を止める方法は無いと言っていいでしょう。


個人情報を欲しがる人、つまり需要があるところには
金品を報酬として、供給が発生するからです。


個人情報は漏れるものだと認識しておくべきですね。
 
ランキングに応援お願いします^^v

にほんブログ村

探偵・調査 ブログランキングへ
 タグ