プラトニックな交際
プラトニックな交際が「不法」と判断された例です。
不貞行為が無くても不法と判断されました。

大阪府内の女性が、夫の同僚女性に
220万円の損害賠償を求めた訴訟で
大阪地裁は3月、44万円の支払いを命じる判決を下しました。

プラトニックな交際が不法行為とみなされたことで
慰謝料を支払うことを命じられたことで話題になった事件です。

憶測が入り込むとやっかいなので
この事件の詳しい内容や経緯は省きますが
夫は同僚の女性に肉体関係を迫ったが
女性側は巧みにそれをかわして
付き合いを続けていたというもの。

123456.jpg

判決では、同僚女性が夫に何度も肉体関係を迫られながらも
巧みにかわして「貞操」を守ったと認定しました。
つまり不貞行為は無かったということになります。

しかし、その同僚の女性は夫の誘いをはっきりと拒絶せず
逢瀬を重ねて二人きりの時間を過ごしたことから
地裁は、同僚女性の態度と夫の(原告女性への)冷たい態度には
因果関係があると判断されたことによる判決です。

プラトニックだったら、普通は慰謝料請求されても
不貞行為は無かったのだからと突っぱねられる話だと思いますが
この例では、それが認められませんでした。

肉体関係までは持たなかったとしても
何度もデートを重ねたり
男性からの要求に応えて浴衣姿で花火を見に行ったりなど
親密な男女の関係が続けられていたことなどが
不法とみなされたのだと解釈できます。


肉体関係を拒んでいたのが事実だとしても
夫の誘いに応じて、その家庭を壊すような行為があったことが
今回の判決の、きもになっていると感じます。


本当に不貞行為が無くてプラトニックなのか?


原告(奥さん)側にしてみれば
本当に不貞行為が無くてプラトニックなのかという
もやもやした疑問が心の中にあるだろうけど
証拠を入手していないのだから認めざるを得ないでしょう。

浮気裁判で優位に立つには
客観的な証拠が必要なのは言うまでもありません。
 
ランキングに応援お願いします^^v

にほんブログ村

探偵・調査 ブログランキングへ
 タグ