無実の罪・冤罪(えんざい)
何十年も収監されて人生を奪われるという例がある。
無実の罪・冤罪事件の補償金は多いか少ないか?

米国で、30年ほど死刑囚として収監されていた男性は
1983年に起きた強盗殺人事件で有罪となっていた。

最近、無実を証明する新しい証拠が見つかり
裁判所により有罪判決が取り消され釈放された。

報道ではルイジアナ州法の刑事補償の規程で
日本円に換算して、補償金が約3300万円支払われるという。


日本でも足利事件や布川事件など
無罪判決となるまで数十年もかかった
冤罪事件(無実の罪)が発生している。

最近のニュースで話題になっている袴田事件。

再審を認める決定が出た直後に
速やかに釈放されるという処置がとられた。

再審で無罪となれば補償金が支払われる。

(失った時間は取り戻せないけど・・・)


刑事補償法4条1項では身柄拘束された日数に応じて
1日あたり1000円から1万2500円の範囲で
国に対して補償を求めることができる。

補償額は拘束期間の長短
精神上の苦痛や身体上の損傷
警察・検察および裁判の各機関の故意・過失の有無
その他一切の事情を考慮して決定されるのは
刑事補償法4条2項によるもの。


冤罪事件での最近の実際の保証額は
おおむね日額1万2500円が認められている。


袴田事件は、警察による取調べのやりかた
証拠の捏造などが指摘されていることから
補償金が日額1万2500円で決定した場合
48年分なので2億円超の補償が認められる可能性がある。


この金額を多いと見るか少ないと見るか?


失った時間や精神的な苦痛などを考慮すれば
多い金額とは言えないのではないだろうか。
ランキングに応援お願いします^^v

にほんブログ村

探偵・調査 ブログランキングへ
 タグ