探偵がストーカーの調査を請け負う?
家族でもない全くの他人を探す調査では
ストーカーの可能性がないかを疑ってみます。

依頼者が明らかにストーカー目的で
調査を依頼してきた場合は依頼を断ります。

最近では、探偵業法ができたことで
他人の居場所を探し出す調査には
とても、気を使うようになりました。

依頼者も、ストーカー行為を隠すために
「お金を貸して逃げられた」
「お世話になったのでお礼に伺いたい」
などの理由をつけて、調査依頼をしてくる。

家族でもない他人の居場所を特定する調査は
一切行わないという方針で探偵事務所を運営していれば
ストーカーに加担するような調査は行わないで済む。

現実問題としては
探偵事務所も売り上げが無ければ経営は厳しい。

いかし、依頼者の犯罪行為を認める訳にはいかないから
探偵業法でも義務付けられている「誓約書」を作成する。

seiyakusyo.jpg

依頼者から探偵事務所あてに
調査の結果を犯罪行為に利用しないという誓約書だ。

調査の依頼には
調査契約書、重要事項説明書、誓約書が必須の書類となる。

ランキングに応援お願いします^^v

にほんブログ村

探偵・調査 ブログランキングへ
 タグ