張り込み中の注意点
不振人物にならないことが基本です。

住宅地や学校がある場所などでの張り込みは、
近隣住民から声を掛けられたり警察に通報される場合もあります。

私は警察の職務質問にあったことは有りませんが、
住民から声を掛けられたことは何度かあります。

また大型公団住宅地内での張り込みで背中に視線を感じ振り返ると、
高層住宅の外廊下やベランダから、暇なお年寄り十数人に
ずーと監視されていた経験があります。

こんな時は交通調査員を装ったり、
スケッチブックを持ち込み絵を描いているふりをして対処します。

車の張り込みでは、助手席側に移動して
運転手待ちをしているふりをしたり、
スモークガラスを貼った後部座席で対象を監視します。

後部座席で張り込むときはエンジンを止めて、
通行人から見た場合、空っぽの車が駐車しているだけの状況を作ります。

住民に声を掛けられて慌てている様では探偵は務まりません。
いつ声を掛けられても自然に対応できるように、
事前に対応方法を考えておくのが得策です。

あなたが住民の立場になったときに、
納得できる説明であればいいのです。

警察の職務質問には、身分を明かして
張り込み中ですと言えば話が早く終わります。

調査内容は守秘義務があるので言えませんと
ハッキリした態度が必要です。
ランキングに応援お願いします^^v

にほんブログ村

探偵・調査 ブログランキングへ
 カテゴリ
 タグ