婚約者には他の婚約者がいた!
依頼者はA子さんの母親。
A子の婚約者であるY氏の身辺調査の結果は・・・

対象者Y氏には、A子さんとは別に結婚を約束している女性がいた。

futari.JPG

今年9月の日曜日、対象者は東京の品川駅で
女性と待ち合わせ、電車で東京郊外の観光地に向かった。

2人の様子を全てビデオで撮影。
2人が別れたあと女性を尾行、身元を割り出した。

この女性とY氏は、その後も何度か接触していてホテルを利用することもあり、
ただならぬ関係であることが判った。

その後の調査でY氏はこの女性とも結婚の約束をしていることが判明。
3家族を巻き込む事件に発展した。

結婚調査の過程で対象者が
婚約者以外の異性と接触することは良くあることです。

今まで数人の異性と付き合っていて、婚約者意外と別れ話しのために接触したり、
異性の良き理解者に結婚についての相談で接触するなどです。

調査対象者が、異性と接触したとしても、仕事上の付き合いだったり、
単なる異性の友達だったりなどのケースもあります。

接触した異性の身元を確認し、詳細調査で2人が
どのような関係であるのかをハッキリさせることが必要です。

接触した異性が、必ずしも男女の関係にあるとは言い切れないのです。


ランキングに応援お願いします^^v

にほんブログ村

探偵・調査 ブログランキングへ
 カテゴリ
 タグ