車両bゥら所有者割り出し
車両のナンバープレートから
所有者を割り出すことは、探偵の日常業務の1つです。

一般の方でも陸運支局に出向いて
ナンバーから登録所有を知ることは簡単な事です。

車の所有者の調べ方

これを逆に考えると探偵が使用する車両も
簡単に所有者が調べられてしまうということです。

長期間の調査では車両を変えたりレンタカーを使ったりして、
同じ車で対象者を張り込んだり尾行しないように注意します。

高級車に乗っている対象者が多いですが、
ナンバーが覚え安くて非常に助かります。

ぞろ目数字や3桁ナンバー、連続数字など覚えやすいナンバーは
調査をする側にとってはありがたい存在です。

探偵はそんな事情を知っているので、
調査車両や自家用車のナンバーを
バラバラの数字で覚えにくい数字にしています。

車を尾行するときは、フルナンバーを確認しながら尾行することが必要です。

同じ車種で、同じボディーカラー、同じナンバーの車が多いからです。

違うのはナンバーの1部である、
ひらがなの部分だけということがたまにあるからです。

そんな珍しい事はめったに無いだろうと
甘く見ていると、ひどい目にあいます。

参考記事
車両尾行技術

※追記
自動車登録事項等証明書は2007年11月19日以降に
車体番号を記載して請求することが必要となっています。

参考記事
車のナンバーから所有者     車両ナンバーからストーカーが判明
ランキングに応援お願いします^^v

にほんブログ村

探偵・調査 ブログランキングへ
 タグ