張り込み位置の選択
尾行と張り込みを調査時間の比率で見ると、
9割くらいが張り込みに費やされると言っても過言ではありません。

先日も3日間の張り込みで対象者が自宅から出た時間は、
近所のコンビニへ雑誌を買いに行った5分間だけでした。

張り込み場所は
・出入り口が見えること
・対象者の顔が確認できること
・周囲から見て不自然な場所でないこと
 以上の3点が基本となります。

時間帯、周囲の環境、車か、立張り(たちばり)かなど
総合的に見て張り込み位置を決定します。

100%完璧な場所はなかなかありません。
その場の条件で最良の場所を選択して張り込むことになります。

長時間にわたる場合は、張り込みの位置を変えて、
周囲の同じ人物からの認知を避ける工夫などが必要です。

探偵の張り込み調査は、長時間にわたることが多いため、
いかに怪しくない状態で同じ場所にいられるかが成功の秘訣です。

逆の立場で、長時間立ち止まっている人物を怪しいと思う理由と、
怪しさを感じない理由を、あなたなりに箇条書きにしてみるといいでしょう。

怪しさを感じない項目に箇条書きされた事を意識して張り込みをすることで、
長時間の張り込みができるようになります。
ランキングに応援お願いします^^v

にほんブログ村

探偵・調査 ブログランキングへ
 カテゴリ
 タグ