人混み、観光地では堂々と・・・
人ごみでの撮影はとても簡単です。

iruka1.JPG
東京都内のイルカショーです

このような場所では、写真もビデオ撮影も
怪しまれることなく簡単にできてしまいます。

浮気調査で、デート中に対象者が観光地に行ったら撮り放題です。

プールをはさんで向い側から、少し離れて斜め前からも
対象者の表情がはっきりわかるような映像が撮れます。

すぐ横にいて撮影してもバレナイケースです。
誰でも何かに夢中になっているときは、
周りで起きていることに気づきにくくなります。

人の集まる場所では撮影自体が自然な行為ですので堂々と撮影しましょう

反対に、対象者と調査員しかいない様な場所では、
いま撮影してますよという仕草は、調査がバレル行為です。

バレナイようにするには(カメラ、ビデオ共通)
◎カメラは腰の位置に構えるか、脇に抱える(モニターを覗かない)
◎カメラのレンズは対象者に向け、自分の視線は他の場所に向ける。
◎映像の中心に対象者を納めようとすると、
 レンズが対象者に向かうので、少しずらして画面の端でとらえる。
◎撮影しているのではなくカメラを持っているだけのポーズ。
◎ストロボを使ったり、暗闇でモニターや録画時の光を発しない。
 (テープを張るなどして隠す、モニターは閉じておく)
◎ピンホールレンズなどの特殊機材をバックなどに隠して使う。
◎モニターを見ながらの撮影は、対象者の視界から外れた場所でする。

■対象者から視線をはずして、腰の位置でモニターを見ないで撮影できれば
 通常の調査で特殊機材は必要ありまん。

上手にできるまで練習しましょう。
ランキングに応援お願いします^^v

にほんブログ村

探偵・調査 ブログランキングへ
 カテゴリ
 タグ