車の尾行はナンバーを追跡!
探偵の尾行テクニック。
対象者は顔を、車両はb確認して尾行します。

車両尾行中に、車種と色とナンバーが一緒の車が現れ、
一瞬どちらの車が対象なのか慌てることが有ります。

車の尾行はナンバーに記された全ての情報を確認しながら尾行しないと
全く別の車を尾行するという失敗もありえます。

この10年間で3度程この様なケースがありましたが、
幸いフルナンバーの確認で失敗は有りませんでした。

対象車両と調査車両の間に、この様な紛らわしい車が入り込む事が実際にあります。

ナンバーで違うのは「事業用判別文字」のひらがなの一文字だけです。
他の条件が(こすった傷までが同じ場所など)全てそろっていてヒヤッとする例です。


参考までに、ある会社の社用車の話です。

BMW5シリーズ同車種が3台。
トヨタの同じ車種の高級車が3台。

この6台が全て同じナンバーでした。
違うのはひらがなの1文字だけで、ボディーカラーは全て黒です。

これを尾行するときは、フルナンバーと乗車している人物を
完璧に把握していないと調査は失敗します。

人物を尾行していて、対象者が人ごみに紛れた後に、
いつの間にか別人を尾行していたという笑えない話もあります。

これは、ターゲットの服装の特徴など、大雑把な印象を尾行しているからです。
人物を尾行するときは、顔の確認は常にするべきです。

細心の注意が必要な例でした。
ランキングに応援お願いします^^v

にほんブログ村

探偵・調査 ブログランキングへ
 カテゴリ
 タグ