タクシーで尾行する
尾行していた調査対象者がタクシーに乗った場合は
探偵も別のタクシーを利用して車両尾行で追跡を開始する。

調査対象者が先にタクシーをつかまえても
都心部であれば、運が悪くない限りスグに次のタクシーがつかまる。

対象者が乗ったタクシーに、少しぐらい間を空けられても
都心であれば信号も多く、渋滞もあるので追いつくことは可能だ。

見失った時は、対象車両に追いつくまで直進するのが原則。
憶測で右折や左折をすると失尾する可能性が高くなる。

追いつけなかった場合は
対象者が向かうであろうと思われる場所まで行ってみる。

タクシー尾行

タクシー尾行時の注意点
対象者が駅前のタクシー乗り場からタクシーを利用する時は
ピッタリと後ろについて、次の車両で追尾を開始する。

対象者が乗り込んだタクシー会社名と
車両ナンバーは、必ず覚えておこう。

現場慣れした探偵は、調査対象者の動きを見て
タクシーを拾おうとする雰囲気を事前に察知できるので
対象者よりも先にタクシーを拾ってその後の尾行に控える。

機転の利く運転手なら 「前の車を追って下さい」
と言うだけで上手に尾行をしてくれるが
中には、事件に巻き込まれるのではないかなどと
心配で運転に身が入らず、不安でいっぱいになる運転手もいる。

そんな時は、「家出中の人を見かけたので協力してください」 とか
「週刊誌の記者なので協力願います」と一言添えるだけで
ひとまず安心して車両尾行を続けてくれる。


車両尾行が出来なかった時
どうしても追尾できなかった時は、すぐにその場で
タクシー会社に問い合わせて対象者の降車場所等を聞き出す。

この聞き出しにも会話のテクニックが無いと
「個人情報は出せません」と、そっけない返答で終わる。

降りた場所ぐらい教えてやろうと
タクシー会社の担当者に思わせるだけの
人情話を創作するなど、問い合わせの工夫が必要だ。

自分の名前や連絡先を教えて
必用であれば直接タクシー会社に出向く意向を示せば
そんな面倒くさいことをしたくないので、電話で答えてくれる。

探偵のタクシー尾行記
 
ランキングに応援お願いします^^v

にほんブログ村

探偵・調査 ブログランキングへ
 カテゴリ
 タグ