浮気調査には、3つの大きなバターンと流れがある
浮気調査の3パターン。 その流れ、理由とは・・・
 
浮気の調査相談を受けた時に
依頼者が調査を依頼する目的が大きく3通りに別れる。

1つ目は、旦那、または奥さんが浮気をしているようだ。
スグに調べてほしいと言う依頼者。

2つ目は、ご主人、または奥様と別れるために使う目的で
浮気の証拠を得たいと言う依頼者。

3つ目は、ご主人、奥さんが浮気をしていることは知っているが
トラブルを避けるために、現状把握をしておきたい依頼者。


探偵社に多いのは、1番目のパターン。
実際に調査をすると、浮気の事実がスグに確認できる場合と
思った以上に調査期間と時間がかかる場合がある。

中には、依頼者の思い過ごしと思われるような状況もあり
連続で尾行と監視をしても、浮気の事実確認ができないことも。

2番目の依頼者は、自分本位の目的が多い。
自分に愛人や恋人、将来にわたって付き添いたい異性が現れると
奥さんや、旦那の浮気を理由にして、離婚をつきつける。
離婚裁判を有利に運ぶために、相手のアラを探すパターンだ。

3番目の依頼者は、女性(奥さん)がほとんどだ。
ご主人が浮気をしていてもかまわないが
相手の女に騙されて、財産を奪われたり
家族の崩壊につながらない限り
知らん振りして、いつも通りの生活を続けようと考えている。

その代わり、何かあったときにはスグに対処できるように
浮気相手の情報を把握していようという考えだ。


探偵社は、依頼者が犯罪目的のために浮気調査を依頼しない限り
依頼された浮気調査を行う。

依頼者は犯罪を犯さない限り
探偵業者を、自分の思い通りに上手に使うことができる。
  
ランキングに応援お願いします^^v

にほんブログ村

探偵・調査 ブログランキングへ
 カテゴリ
 タグ