探偵志望者さんからの相談メールです
はじめまして。
中学の時から探偵という職業にあこがれをもっていて
高校を卒業したら探偵という職業に就きたいと思っています!
 
いろいろな探偵HPなどをみてみましたが、現役の探偵さんが書かれているここの情報は、とても興味深く楽しませてもらっています。

そこでいくつか質問をさせていただきたいのです。

1.軽車両以下の車のナンバーは司法書士の先生なら調べれるということですが、これはどのような権限に基づいて調べれるんですか?行政書士の先生とかでも大丈夫なんでしょうか?

2.口座番号や銀行支店名が分かれば名義人を調べることはできるということは理解できましたが個人資産や隠し資産とか銀行名すら把握できていない状態からどのように調べたらいいのでしょう?また信用調査で信用機関に本人を装い確認するのでしょうか?

3.携帯番号から所有者を割り出すにはこれも弁護士の先生の照会制度とかを使うのですか?

4.勤務先や年収は保険証や税金の課税表などをみて調べるんでしょうか?またどんな人が調べれるのですか?

長々とすみません。現役の人にいろいろ教えてもらいたくメールしました。お忙しいところ申し訳ありませんが僕の質問に答えていただければうれしいです。

今後もいろいろな情報更新期待しています!


■いつも訪問していただいてありがとうございます
質問にお答えします。

1.軽車両など、陸運支局で情報開示されないものについては、当該車両の管轄役所の管理ですので、本人または委任状を持った者が、そこに出向いて申請すれば情報入手できます。
車両ナンバーから所有者が分かる最新情報

弁護士、司法書士、行政書士などの方は職業上、何らかの理由を付けて役所に申請すれば入手可能ですが、最近は依頼者からの申請理由が正当なものでないと受け付けてくれない傾向にあります。

役所の窓口は委任状を持ってきた人物の身分証明書があれば委任者に委任の事実確認をすることもなく申請を受けた書類を発行します。

車屋さんバイク屋さんなども名義変更手続きをする場合に委任状を勝手に作って手続きをしているケースがあります。

現状は、この手法がまかり通っています。
これをやると法に触れますので、当サイトでは推奨できません。

2.個人資産は、対象者が居住する地域の役所で「固定資産税の評価証明」などの書類から所有資産が判ります。

所有している不動産全ての情報が記載されています。入手方法は上記1と同じです。住宅販売の営業マンなどはお客に代わって委任状を作成し入手している現状があります。

対象者名義の預金等はデータ調査で全ての金融機関の残高確認が可能です。家族名義にしている場合は家族名で資産調査を同じように行います。

金庫に眠っている金塊や、床下などに多額の現金がある場合は残念ながら上記調査では判明しません。

時間をかけて不審な点が出てきたときに、徹底調査することである程度判明するでしょう。調査費用を考えると現実的ではありませんが・・・

3.携帯電話番号から契約者氏名、または使用者氏名を割り出す方法は色々有ります。手っ取り早いのは、携帯電話に電話をして名前と住所を聞いてしまう方法です。

おおざっぱには「こちら○○ですが荷物の伝票が破れてまして住所と名前が不鮮明なので確認させてください」など、電話に出た相手が名前と住所を答えるための仕掛けが必要です。
手法は様々です。

固定電話から番号表示で電話をすると対象者も安心します。
電話関係調査の記事をご確認頂くのも参考になると思います。
電話関係調査


4.年収は役所で納税証明などの書類を入手すれば判明します。入手方法は1.と同じです。
勤務先は対象者を尾行すれば判明します。

※「調べる」という事は誰にでも可能な行為です。
・何を知りたいのか? 何が判れば結果を出せるのか?
・知りたい情報を入手する方法は? どんな人が入手しているか?
・あなたが同じ様に情報を入手するには、どの様にすれば可能なのか?

尾行・張り込み・聞き込み・引っ掛けワザを使うなど自分でできることや、士業に依頼したりデータ屋で情報を得るなど、方法はたくさんあります。

結果を出すために何をすればいいか?
判断できて、行動に移せる人が探偵にむいています。
夢に向かってがんばってください。

(2007-05時点での質問と回答です)
 
ランキングに応援お願いします^^v

にほんブログ村

探偵・調査 ブログランキングへ
 タグ