プロの探偵は調査の引き際を知っています
浮気調査が、しつこ過ぎると
犯罪扱いされることがあります。
 
探偵の調査でも、下手な尾行をして
調査ターゲットに気づかれた場合は
「つきまとい」となります。

気付かれないで尾行をするから
調査が成り立つわけです。

今までに実際にあった事件としては・・・

・同僚の携帯電話のメール自動転送機能を操作し
メールを自分の携帯電話に転送し内容を盗み見たとして、
京都大田区の医師を、不正アクセス禁止法違反などの疑いで逮捕。

約2年間で2000回以上の転送メールを
盗み見ていたということだ。

・別れた女性のクルマにGPS位置情報通報装置を勝手に取り付け
つきまとい行為を繰り返したとして、滋賀県の40歳の男が
ストーカー規制法違反容疑で逮捕されたということ。

他にも同様の事件がありましたが全て調査の素人です。

逮捕された人の共通点は、「しつこい」 ということ。

相手が、気づいているのに、つきまといをしたり
転送メールを読み続けていることです。

GPS検索もメール転送も
浮気調査や他の調査でも使う手法ですが、
証拠が取れた段階で、調査を終了するのが自然です。

いつまでも、メールを覗き見したり
しつこい追跡はバレル原因になり
下手をしたら警察に駆け込まれることがあるということです。

調査の範囲を超えて、しつこい情報入手は
犯罪につながる可能性があるので十分な注意が必要です。

調査対象者が、たとえ家族であっても
調査されている本人が尾行やメールの転送に気付いて
警察に相談するようでは
調査している側にも問題があるということです。

調査をしていて何かしらの異変を感じたときは
思い切って調査を中断して
次の機会を狙って改めて調査をするという姿勢が必要です。
  
ランキングに応援お願いします^^v

にほんブログ村

探偵・調査 ブログランキングへ
 タグ