行方不明者を探す調査V
最終回。
前回の行方不明者を探す調査Uの続きです。
 
前回の記事で、行方不明調査や人探しの調査内容は、大きく分けて以下の通りでした。

1.生き別れの家族を探す
2.家出した家族を探す
3.お金をあずけた相手が、姿を消したので探す
 (貸したお金を返さない。会社の金を持ち逃げ。契約金を持ち逃げなど)
4.昔の恋人や、居場所が不明の異性を探す
5.行方不明になっている他人を探す
 (依頼者は、探している理由をはっきり言わない)


1と4の調査は、ほとんどが住民票や戸籍の調査で判明します。
これにはデータ調査が手っ取り早いでしょう。
データ調査

2と3と5の調査は、データ調査、聞き込み調査、尾行、張り込みなどのあらゆる手段を使って調査をすることが必要です。

ヒントはこのブログにたくさんあります。

トップページのカテゴリファイルを、順番に全部読んでいただくことが解決への近道です。
プチ探偵講座日記トップページ
 
ランキングに応援お願いします^^v

にほんブログ村

探偵・調査 ブログランキングへ
 カテゴリ
 タグ