探偵は住宅地図を使う
浮気相手の住所がわかれば、その場所に行かなくても、
名前が判明する方法があります。

手っ取り早いのは「住宅地図」

ブルーマップやゼンリン住宅地図が有名だ。

図書館や、書店、役所などで見ることができる。
最近は、ネットやコンビニでも入手可能になりました。


★有名で使いやすいのは、ゼンリン住宅地図
 プリントサービスを使うとコンビニでも入手できます。

 http://www.zenrin.co.jp/j-print/


★グーグルアース
 浮気相手の家を拡大写真で見るには。

 http://earth.google.co.jp/


・浮気相手の住所が判明しても、なんだか怖くて見に行けない。

・判明した住所が遠すぎて現場に行けない。

こんなときは、住宅地図を利用すると便利です。


まずは住宅地図の現物を図書館や書店で手にとって見てみましょう!!

あー、これで浮気相手の名前や住所が確認できるんだなーって実感できます。

マンションの住民も住宅地図の後ろのほうに、まとめて記載されています。
 
ランキングに応援お願いします^^v

にほんブログ村

探偵・調査 ブログランキングへ
 カテゴリ
 タグ